【ヘアケア トリートメント】

トリートメント

髪のお手入れであるトリートメントの目的には、髪の毛に失われた水分や適度な油分を補い、頭皮や毛髪に栄養分を与え、枝毛、切れ毛、フケやかゆみといった髪の毛のトラブルを防ぐといったことがあげられます。リンス、トニック、トリートメント効果のあるスタイリング剤を使うことによって髪の毛を保護し、熱や紫外線など外的環境からダメージを受けた髪を修復します。

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできていますが、これは角化した細胞、つまりは死んだ細胞の集まりであるため、髪の毛は一度傷がつくと自分で修復することができません。傷ついた髪の毛からは栄養分や水分がどんどん流れ出し、髪の毛のツヤが失われ、潤いのないパサパサの髪の毛になっていきます。健康であった髪の毛も伸張するにしたがって様々な負荷やストレスを受けて次第にダメージヘアになってしまうのはこのためです。髪にダメージを与える原因となるものには、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱による損傷、紫外線によるたんぱく質変成(髪の毛はたんぱく質でできています)、ストレスや偏った食生活による血行不良、石油系シャンプーの残留による毛根損傷、髪を乾かさないことで起こるキューティクルの損傷などがあります。

髪の毛の保護をトリートメントとするならば、髪の毛へのちょっとした注意から髪の損傷を防ぎ保護することができます。例えばブラッシングをする際には、指通りをスムーズにするスタイリング剤を塗布して櫛でキューティクルを傷つけないようにしたり、ドライヤーを使う際にはドライヤーの熱のダメージを避けるために保湿成分が入ったトリートメント剤を使うなどの工夫が必要です。

傷ついた髪の毛を修復するトリートメントとして、髪のしっとり感を取り戻すために水分、髪のツヤを取り戻すために油分を外から補ってあげることが基本になります。トリートメント剤には油分、栄養分、保湿成分などが含まれたクリームタイプのものを選び、シャンプー後の清潔な髪の毛にコーティングするように塗ります。トリートメントのポイントはトリートメント剤を髪に塗布した後、最低5分からできれば10分ほど置き、髪が失った水分や栄養分がしっかりと髪の内部にまで浸透するのを待ちます。乾いたタオルで包み軽く保温してあげるとより効果がUPします。

傷ついた髪をそのまま放って置いたり、トリートメントを疎かにした状態が長く続くと、健康な髪へ回復する時間も長くかかってしまいます。ヘアケアはスキンケアと同様に毎日の習慣とし、週に1回はトリートメントで髪の毛をいたわってあげましょう。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】