【ヘアケア ストレートヘア】

ストレートヘア

うねったり、縮れたり、広がったり、まとまらない髪の原因には、そもそも毛穴が曲がっている、髪の毛内部のたんぱく質結合がゆがんでいる、たんぱく質繊維が不均一のためねじれを起こしているなどがあります。曲がった毛穴を直しことは現実的ではないため、ストレートヘアへのお手入れは毎日のヘアケア習慣、スタイリング、パーマで直していく他にありません。

しっとりとまとまるストレートヘアへのお手入れの基本は毎日のヘアケア習慣にあります。正しいシャンプー、タオルを使って髪を乾かす、普段使っているブラシに気を使う、週に1回はトリートメントで潤いを補うトリートメントを行なう、頭皮用マッサージブラシ、クイックドライタオル、マイナスイオンドライヤーなどなどくせ毛対策のヘアケアグッズを使うなどできることから毎日のヘアケアをトライしてみましょう。

特に毎日行なうシャンプーはプロのやり方をマスターしてツヤ髪を育てましょう。

@シャンプー前には軽くブラッシングして毛先のもつれをとります
Aお湯だけで髪全体を十分に濡らし軽くゆすぎます
B手にシャンプーをとり、少量ずつ髪にシャンプーをのせます
C指や腹の部分を使って地肌で泡を立て、泡を広げて地肌を中心に丁寧に洗います
Dすすぎ残しがないようしっかりと念入りに洗い流します

シャンプーの仕方にちょっと気を使う習慣が美髪へと導きます。

スタイリングでヘアケアする場合には、便利なヘアグッズを活用したり保湿するスタイリング剤を活用しましょう。コテやアイロン、豚毛や保湿成分入りのブラシの使ったり、ヘアピン、コーム、カチューシャなど可愛い髪のオシャレグッズで気になる部分をカバーします。

くせ毛が強い、きっちりストレートヘアにしたい場合には、水や市販の寝ぐせ直しウォーターなどたっぷりの水分で直してあげましょう。髪に水分を含ませると、髪の毛を構成するケラチンたんぱく質繊維の間の結合を一度断ち切ることができるため、髪を濡らした後にスタイリングすると、くせッ毛でも簡単にストレートヘアにアレンジすることができます。ブローやアレンジしながら髪を乾かす時には、余分な水分だけを飛ばすことを意識して下さい。スタイリング剤はコーティング力が高いしっとり系、適度な保湿で指通りなめらかなサラサラ系など仕上げたい髪に合わせて選ぶようにしましょう。

ストレートヘアへの近道は何といってもパーマになりますが、パーマは髪のキューティクルをはがしどうしてもダメージを与えてしまいます。傷ついた髪からは栄養分や潤いが流れ出して髪のパサパサ、ゴワつき、キシミの原因になるため、シャンプーやトリートメントなどパーマ後の髪のアフターケアは念入りに行うようにしましょう。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】