【ヘアケア 成分】

効果的な成分は

ヘアケアに効果的な成分は用途・目的によって様々あります。髪の保湿や水分補給に有効な成分としては、お肌の潤いキープでも有名なセラミドやコラーゲンが有効に働きます。お肌も髪の毛も主成分は同じたんぱく質というところからやっぱり保水力に優れたセラミドやコラーゲンが水分をキープして保湿に働きます。植物成分ではアロエやイチョウの成分が効果的。しっかり髪の中の水分を保持してくれるからしっとり、潤いのある髪にケアしてくれます。

また白髪染めなのにしっとりサラサラ、サロン帰りの髪を実感できる『利尻ヘアトリートメント』にはフコイダンという昆布の保水成分が含まれ、髪の潤いをしっかりキープしてくれます。コラーゲン、アロエ、昆布、いずれも切った断面は潤ってプルプルのものばかりが効果的と分かります!

美髪を作るベースとなる育毛剤、特に女性用の育毛剤には生薬やハーブがよく使われています。新育毛剤『アンジュリン』のユーカリエキス、『リリィジュ』の桑の葉&桐の葉、『花蘭咲(カランサ)』のエビネエキスなど、人気育毛剤には生薬やハーブが主な有効成分として使われているのがひとつの特徴です。

実際これらの成分には血液循環を、細胞の新陳代謝を促す作用があり、頭皮の血行が良くなることで髪を作る細胞や髪の色素を作る細胞へ栄養分が充分に行き渡り、細胞の働きが活発になります。元気な細胞からは太く強い健康な髪が生え、色素も生成されるため黒髪が保たれます。血行を促進や新陳代謝UP効果のあるその他の植物成分としては、オトギリソウ、センブリ、ニンジン、アムラなど、栄養成分としてはビタミンBやビタミンEが効果的と言われています。

男性の育毛剤にはプロペシアやミノキシジルといった成分が含まれていることが多く、広く育毛に有効とされています。しかし育毛治療薬であるプロペシアの有効成分フィナステリドは妊娠中の女性が服用すると赤ちゃんに奇形を起こすリスクがあるとされており、ミノキシジルにおいても頭皮のかゆみや炎症、もともと高血圧患者のための治療薬であるため血圧を下げすぎてしまうなど副作用が高いため、女性は女性用の育毛剤を使うようにしましょう。

年齢を重ねてくると必要になってくる白髪染めやカラーリングの効果的な成分としては、クチナシ、ウコン、アナトーなどの天然の植物色素成分が良いでしょう。これらは植物から採れる色素なので染め上がりが自然で肌に優しい成分です。石油由来や化学合成した染料はよく染まるメリットがある分、髪や頭皮に与えるダメージが大きくなるので自然の色素成分入りの白髪染めが相対的にみてメリットが高いです。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】