【ヘアケア パサつき】

パサつきがある場合

しっとりとまとまりツヤのある髪は誰もが理想とする髪の状態です。ヘアスタイルは年齢を感じさせない若々しい印象を与えたり、華やかな印象をつくるように、その人の見た目の印象や年齢のイメージを決めるとても大切なポイントです。パサパサの髪の毛は例え触らず遠目から見ただけでも不健康な状態は分かってしまうものです。髪が不健康そうだと老けた感じや疲れた印象をつくってしまうので髪のお手入れをしっかりと行い、美髪を育みましょう。

髪の毛のパサつきは、髪の毛が受けたダメージにより髪の表面をコーティングして髪を保護する役割を持つキューティクルが剥がれ、そこから髪の毛の成分が流れ出し、水分を充分に保持できなくなった時に起こります。髪の毛の水分が不足すると髪の広がり、うねり、くせ毛が強くなります。ひどくなると髪の毛が空洞化してパサパサ、ゴワゴワの指通りが悪い髪の毛になってしまいます。

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできていますが、これは角化した細胞、つまりは死んだ細胞の集まりであるため、髪の毛は一度傷がつくと自分で修復することができません。そのため、傷む前にできるだけ髪にダメージを与えないよう日頃からヘアケアを習慣付け、傷んでしまった髪の毛はこれ以上ダメージが進行しないようしっかりとケアしてあげましょう。髪にパサつきを感じるようになったら、たっぷりと水分補給することです。パサつきは髪がダメージを受けて開いたキューティクルから水分や栄養分が抜け出ているサイン。週に1〜2回、シャンプー後にトリートメントやヘアパックで失われたたんぱく質や保湿成分のセラミド、コラーゲンなどを補給し、髪の毛を癒してあげましょう。

日常生活の中で気をつけることは、ドライヤーと紫外線です。ドライヤーを髪に近づけ過ぎると髪に必要な水分まで奪ってしまったり、ドライヤーの熱が髪の毛のたんぱく質を壊してダメージヘアにつながってしまうため、最低でも髪の毛から30cmぐらい離して使いましょう。髪の毛を乾かす前にタオルでしっかりと余分な水分を拭いておく、ドライヤーの温度を上げすぎないなどの点も注意すると良いでしょう。また、長時間紫外線を浴び過ぎると髪の毛のたんぱく質が壊れたり、キューティクルが剥がれやすくなります。日傘や帽子などで紫外線を避け、UV成分や保湿成分を含んだスタイリング剤で髪を紫外線から守りましょう。

保湿、コラーゲンや栄養成分の補給、UVをカット、髪の毛もお肌と同じような感覚でケアすることが大切です。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】