【ヘアケア パーマヘア】

パーマヘアの場合

パーマはウェーブ、カール、ストレートなど自分の好きなヘアスタイルを叶えるオシャレの秘策!なりたい髪型でいられるだけでなく、特にウェーブがかったパーマやカールがかったパーマはスタイリングしやすくヘアアレンジの幅を広げてくれるので、毎日のオシャレを簡単にサポートしてくれます。特にくせ毛の人やヘアアレンジをするのが苦手な人にとってパーマは必須!と言う人も多いでしょう。女性にとってパーマは雑誌やヘアカタログを見て次の髪型を想像するのも楽しく、イメチェンや気分を変えるリフレッシュ効果にもなります。

パーマとは髪の毛内部の構造を化学的に変えて、長時間髪の型を保持する手法です。通常2〜3か月、長い場合には半年ぐらい髪の形状を維持します。髪の毛はそのほとんどがケラチンというたんぱく質で構成されており、この無数のたんぱく質線維が結合することによって髪の毛の弾力や強さを保っています。パーマをかける際にはまず、還元剤と言われるパーマ液@を塗布し髪の表面(キューティクル)の間から毛の中に浸透させ、たんぱく質線維の一部分を切り離します。ストレートパーマの場合にはそのままの状態の髪に塗布しますが、ウェーブやカールを作る場合には濡らした髪をロッドに巻きつけた状態でパーマ液@を塗布します。たんぱく質線維が切り離されると髪の毛は軟化するため、なりたいヘアスタイルに髪の型を決めたら(ストレートにしたい場合には髪の毛をしっかりと伸ばす)、酸化剤と呼ばれるパーマ液Aを塗布することで切り離されたたんぱく質線維の結合させ、しっかりと固定します。

このようなメカニズムで髪の型を保持するパーマをかけるのですが、パーマに使用する還元剤や酸化剤といわれるパーマ液はたんぱく質を切ったり、くっつけたりする力がある非常に強い薬液です。そのため、パーマをかけた髪のたんぱく質線維の結合は以前より減って髪が弱くなります。髪の表面にあるキューティクルは浮き上がって毛羽立ち、髪の毛を守る力を失ってしまいます。キューティクルが髪をしっかりコーティングしていないと穴があいた部分から髪の水分や栄養分が流れ出し、切れ毛、枝毛、パサつきなど髪が傷んでしまいます。

そのため、パーマをかけた後にはキューティクルを修復するトリートメントを行なったり、傷ついたキューティクルの間から水分が出て乾燥しやすくなっているためよく髪の毛を保湿してあげましょう。保湿成分の高いスタイリング剤やヘアケア用品を使いましょう。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】