【ヘアケア 方法】

ヘアケアの方法

美髪を作るヘアケアの方法としてはまず、ヘアケアの基本である頭皮の健康をしっかりと整えます。そしてそのベースとなるのが正しいシャンプーです。シャンプーをすることによって毛穴に詰まった汚れを落とし、髪を作る土壌となる頭皮を清潔に保つことが美髪への第一歩なのです。フケや脂分が多く汚れている頭皮や毛穴にフケや脂分が詰まった状態では、頭皮は衰え発毛を促す細胞の動きや栄養状態も悪くなってしまいます。

しかし頭髪の脂分を落とし過ぎても逆効果になるため、頭皮がドライタイプの人も、たとえオイリータイプであったとしてもシャンプーのし過ぎは厳禁です。シャンプーをする際には軽くブラッシングして頭皮・毛髪の汚れを浮かし、シャンプー前に汚れを落とします。シャンプーを手のひらで軽く泡立て、髪の毛というよりは地肌を指の腹を使って優しくマッサージするように丁寧に洗います。シャンプーが残らないよう充分にすすぎ、リンス・コンディショナーを使う場合には毛先のみにつけて少し置き、すすぎを入念に行ないます。タオルで髪の毛をたたくようにして水分をとり、就寝前に7〜8割は乾かします。

シャンプー以外のブラッシング、ドライヤー、スタイリングの仕方によっても髪の毛へのストレスや負荷が変わってきます。髪の毛は角化した細胞(死んだ細胞)であるため、一度傷がつくと自分で修復することができません。傷ついた髪からは栄養分や水分が流れ出し、髪のツヤが失われ、潤いのないパサパサの髪の毛になってしまうことを踏まえてできる限り髪へのダメージを減らしていきましょう。目の詰まったコームで髪をとかしたり、乾燥した状態でのブラッシングはさけ、ドライヤーは30cm以上離して使うのが鉄則です。スタイリングは根元から乾かし、乾く間際にヘアスタイルを形付け、その後に髪の毛全体を乾かす、という手順で短時間にテキパキと仕上げます。

加えてトリートメントで髪に必要な水分や栄養分を補い、育毛剤などのヘアエッセンスで頭皮マッサージをしてあげればヘアケアはバッチリです。トリートメントのポイントはトリートメント剤を髪に塗布した後、最低5分からできれば10分ほど置き、髪が失った水分や栄養分がしっかりと髪の内部にまで浸透するのを待ちます。乾いたタオルで包み軽く保温してあげるとより効果がUPします。

育毛剤やヘアエッセンスを使う場合には、育毛剤を髪に塗布して頭皮マッサージを行なうヘアケアを継続的に行なうことが大切です。髪は急に生えたり長くなることはないので、じっくりヘアケアして美髪を育む土壌(頭皮)をしっかり作りましょう。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】