【ヘアケア ドライヤー】

ドライヤーで気をつける事

髪の毛を乾かすだけでなく、ブローしてヘアスタイルを整えたり、ヘアアレンジや髪のオシャレにドライヤーは必需品という女性は多くいます。しかし良く知られるようにドライヤーは髪の傷みやダメージヘアの原因にもなってしまうので、使い方には気をつけましょう。

ドライヤーを使う際に気をつける事は、髪の毛にドライヤーを近づけ過ぎないようにすることです。ドライヤーを使う際には最低髪から30cmぐらい離し、高熱が直接髪に当たることを避けましょう。髪の毛を乾かす場合には、遠くからゆっくりと低温の風を送るようにします。ドライヤーを上下左右に細かく動かし、優しく乾かします。またドライヤーを使う前にタオルなどでしっかりと水分をふき取っておくことも大切です。そして仕上がりは、余分な水分が飛んだ程度、髪の毛が乾ききってしまわない程度におさえて終了します。

ドライヤーでブローしながらヘアスタイルを整える際には、ドライヤーの温度を低く設定しドライヤーの熱が髪に直接当たる時間が短くなるよう、ブローを細かく繰り返して行なうようにしましょう。最近ではドライヤーからマイナスイオンを発して髪の保湿ケアをしながらブローやスタイリングできるドライヤーや、通常より低い温度のドライヤーなども出回っているため、そうした機能的なドライヤーで髪のダメージを少なくすることも大切です。

いずれにしても ドライヤーを使う際には熱を髪に当て過ぎないことがポイントです。髪の毛は熱に非常に弱いためドライヤーを至近距離から当てて高熱が髪に伝わると、いわゆるヤケドを負ったような状態になってしまいます。たんぱく質でできている髪の毛の内部は、ヤケドをしてたんぱく質の熱変成が起こり、髪に傷がついてしまいます。髪の毛は自分で修復することができないために、傷ついた髪の毛からは栄養分や水分がどんどん流れ出し、髪の毛のツヤが失われ、潤いのないパサパサの不健康な髪の毛になってしまうのです。

ドライヤーの誤った使い方や使いすぎで髪の毛が傷んでしまったら、髪の毛は自分で修復することができないため、外から水分や栄養分を補ってあげることが必要です。定期的にトリートメントで保湿を心掛けたり、より乾燥を避けるようにすると良いでしょう。ダメージヘアをそのまま放って置いたり、お手入れしない状態が長く続くと、健康な髪へ回復する時間も多くかかってしまいます。ドライヤーやシャンプーなど毎日のヘアケアは正しく行ない、スキンケアと同様に毎日の習慣として髪の毛をお手入れしてあげるのがベターです。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】