【ヘアケア ダメージ】

ダメージへアのヘアケア

パサパサでツヤのない髪、切れ毛や枝毛が多くまとまりのない髪、潤い不足でしっとり感がない髪などダメージヘアは、女性の美の大敵です。しっとりとまとまり艶のある髪は年齢を感じさせない若々しい印象を与え、ボリュームと潤いのある髪が華々しい印象をつくるように、ヘアスタイルはその人の見た目の印象や年齢のイメージを決めるとても大切なポイントです。朝、ヘアスタイルがバッチリ決まるとその日のスタートを気持ちよく切れるという人も多いのではないでしょうか。ダメージケアをしっかりお手入れしてツヤ・ハリがあり健康的な美髪を育てましょう。

まずはダメージヘアの原因を認識し、できることから改善とヘアケアを実践していくことが大切です。ひとつは食生活です。髪に充分な栄養が行き渡らないと髪の成長が妨げられ、抜け毛や切れ毛が多くなります。髪の毛の構成成分となる良質なたんぱく質とビタミンやミネラルの多いバランスの取れた食生活を心掛けましょう。

お肌に大敵な紫外線も髪へダメージを与えます。髪の毛もお肌と同じく紫外線に弱く紫外線を吸収しやすいため、日中紫外線をたくさん浴びたらトリートメントなどで水分を補うヘアケアをしたり、日頃から帽子や日傘で紫外線対策をするようにしましょう。

薬液を使うためパーマやカラーリングは髪へ負担をかけます。パーマなどは薬液の浸透が髪のキューティクルをはがし、傷ついた髪からは栄養分や潤いが流れ出して髪のパサパサ、ゴワつき、キシミの原因になります。シャンプーやトリートメントなどパーマ後の髪のアフターケアは念入りに行うようにしましょう。キューティクルを修復したり、保湿しながら行なうパーマなどもあるので美容師さんによく相談してみるのも良いでしょう。

さらにドライヤーやブラッシングなど日頃の間違ったヘアケアが知らないうちに髪を傷つけていることもあります。ドライヤーの熱は髪の水分を奪うため至近距離での使用は避け、乾かしすぎないようにしましょう。髪のブラッシングはやわらかく段階的に優しく行うのがコツです。シャンプー、リンス、トリートメント、スタイリング剤など髪に良かれと思って使っているヘアケア製品自体が髪にダメージを与えていることもあるので、内容成分を確認したり、気になる場合には変えて見ましょう。

ダメージヘアをそのまま放って置いたり、お手入れしない状態が長く続くと、健康な髪へ回復する時間もたくさん必要になります。また年齢を重ねて薄毛や抜け毛が気になる頃に症状が大きく出たり、取り返しのつかない状態になることもあるため、ヘアケアはスキンケアと同じ毎日の習慣としてお手入れするのがベターです。まだ髪がツヤやかな30代でもヘアケア習慣をスタートさせるのに早過ぎることはありません!

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】