【ヘアケア ブラッシング】

ブラッシングで気をつける事

髪の毛を正しくブラッシングすることによりツヤのある美しい髪が生まれます。毎日のブラッシングがツヤ髪を作りますが、ブラッシングを正しく行なわないと髪に負担をかけることになるのでポイントをしっかりおさえましょう。

髪をブラッシングすると髪の毛の表面にあるキューティクルが整い、髪にツヤが生まれます。キューティクルは髪の表面をコーティングしている表皮にあたり、ちょうど魚のウロコのように重なりながら並んでいる状態です。キューティクルがきれいに並んでいる所に光が当たると、光の反射は一定になりツヤが出ます。

しかし、パーマやカラーリングなどでキューティクルが開いたままの状態であったり、ドライヤーの熱などによって表面に傷がついていたりすると光が当たった時に光の屈折がバラバラ(乱反射)になるためツヤが出ません。また、リンスやコンディショナーで一時的にお手入れした髪はトリートメント剤がカバーするので光は正常反射しますが、キューティクルは整っていないため、ツヤはなくなっていきます。そのため、正しいブラッシングでキューティクルケアをしてあげることが必要なのです。

またブラッシングをすることで髪のゴミやホコリを取り除き、頭皮・毛髪を清潔に保ちます。汚れを浮かして落としやすくするためシャンプー前のブラッシンは◎です。またマッサージ効果が頭の血行を良くして髪をアンチエイジング!頭皮細胞の新陳代謝が促され、抜け毛や白髪の予防にもなります。頭皮への刺激が脳の活性化、緊張をときほぐしてリラックス効果、顔のリフトUPにもつながります。

ブラッシングをする際に一番気を付けなければならないことは髪へかかる摩擦です。力を入れ過ぎて無理に引張ったり、目の詰まったコームで強くブラッシングするのもNGです。濡れたままのブラッシングは特に厳禁です。濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、そこへブラッシングをかけてしまうとデリケートなキューティクルは剥がれ落ちてしまいます。しかし完全に乾いた状態でも摩擦が起きやすいため、ブラッシング前にはスタイリング剤などである程度水分を持たせた状態をつくって優しく丁寧にブラッシングするようにしましょう。

使うブラシやコームも豚毛や猪毛を使った獣毛製のものや、ナイロン製、ポリエチレン製、木製のものがあります。それぞれ材質のメリット・デメリットをTPOに合わせて使い分けるとよいでしょう。

30代からのヘアケア育毛剤人気ランキング!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
1位 発毛・育毛ミスト
「M-1」
特別価格
9,800円
200ml 送料無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

2位 アンジュリン 5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_b (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

3位 リリィジュ 4,935円 75ml
約30日分
初回1セット
送料無料
詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2015 【30代からのヘアケアランキング】